FANDOM


『真・女神転生 デビルチルドレン パズルdeコール!』は、2003年7月25日にアトラスがゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売。

概要 編集

物語は主人公達が強大な魔力を感じ取った無人の村に立ち寄ったのがことの発端。今作のジャンルは珍しくパズルゲームを取っている。また、デビライザーを使用して。ボス戦では床にある星を全て取ることでクリアすることができる。「光の書・闇の書」と違いモンスターの数は全161体で比較的数は少ない。通信対戦は可能で相手よりも早くパズルを解くとのこと。系列でいうと主人公達が帝国軍と戦っている最中。

ランドとゲイルを選んで遊ぶ「ストーリーモード」。二人対戦の「レースモード」と難易度「かんたん」、「ふつう」、「むずかしい」の3つで構成されている一人でミッションをクリアする「パズルモード」がある。

ステージ一覧 編集

エンベル泉
ステージ数:4
ボス:クロセル
ルコッピア草原
ステージ数:6
ボス:オセ
プレクト火山
ステージ数:9
ボス:グレモリィ
タルタロスの樹海
ステージ数:12
ボス:カイム
フィーヨルグ雪原
ステージ数:16
ボス:ビフロンス
クァトリガ
ステージ数:20
ボス:皇帝弟アズラエル

重要語句 編集

ミニチュア
帝国が作り上げたヴァルハラのデビル達が捕らえられている場所。そこではデビル達の魔力を吸い取っている。
アストラルボディ
本体に見えるが実際は偽の体。アストラルボディを使い帝国幹部とアズラエルはミニチュアでデビル達の魔力を吸収していた。

変更点 編集

「光の書・闇の書」に登場したラスボスを除くボスの属性が変わっている。

関連作品 編集

  • パズルボーイ
    このゲームの基本ルールの元となる作品

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki