FANDOM


真・女神転生 -東京鎮魂歌-
ジャンル RPG
対応機種 iアプリ FOMA 90Xi、70Xiシリーズ(一部端末を除く)
S!アプリ ソフトバンク 3G
EZアプリ
発売元 アトラスビービーエムエフ
人数 1人
メディア ダウンロード
発売日 iアプリ…2007年4月27日
S!アプリ…2007年8月1日
EZアプリ…2007年10月4日
価格 月額315円(メガテンα共通)
  

真・女神転生 東京鎮魂歌』(しん・めがみてんせい トウキョウレクイエム)は、ビービーエムエフ(現・menue)よりアトラスモバイルコンテンツから配信されている携帯電話用ロールプレイングゲーム。「真・女神転生シリーズ」の作品。

概要 編集

アトラス (ゲームブランド)とビービーエムエフが運営する携帯電話用サービス「アトラスモバイルコンテンツ」内の「メガテンα」において、2007年4月から配信された(2007年3月30日のプレスリリースで4月2日に配信が予定されたが、延期により4月27日に『女神転生QIX ペルソナ3』と同時に配信された)。

本作は、家庭用作品の移殖や本編の番外編のような、これまでの携帯ゲーム版のシリーズ作品とは異なり、ストーリー、ゲーム画面、BGMなど本作オリジナルの作品となっている。シナリオ配信型アプリとなっており、月に1本ずつ全6章まで配信される。

ゲームシステムでは、敵として出現する悪魔を「悪魔交渉」によって仲魔(ナカマ)にしたり、仲魔同士を「悪魔合体」させて新たな仲魔を作り出す、シリーズおなじみの要素は健在。新たに「悪魔召喚」システムが追加され、過去に仲魔にした悪魔を「邪教の館」にてパーティに加えることができる。また、戦闘に勝利した際に仲魔も経験値を獲得すること出来、レベルアップなどの育成も可能である。

他にも、敵悪魔が3種類まで同時出現、俯瞰型のマップ表示、主人公を含め最大3人でパーティー編成、などの変更点がある。

序章 編集

西暦201X年12月24日、東京。

少年はその日、彼女と東京の新名所である35階建てのビルにてデートをしていた。不意に携帯電話に届くメール、それには「D.I.O.System」という謎の添付ファイルが付いていた。

その時、一条の閃光が二人の目を焼いた。

東京は突如として核の炎に焼かれ、同時に日本の情報システムも崩壊した。瓦礫の山にかろうじて生き残った人々は無数の異形の者たちが出現するのを見た……。

登場キャラクター 編集

主人公
携帯電話に悪魔召喚プログラムを宿し、それにより悪魔を仲魔にする力を身につけた男。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki